オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い・メリット・デメリットを解説 | RYOAN BLOG|大部数印刷通販「良安」

RYOAN BLOG お客様とのご縁を大切にする大部数印刷通販「良安」

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い・メリット・デメリットを解説

こんにちは、新人スタッフです。

今回はオフセット印刷とオンデマンド印刷について。

オフセット印刷とは?

オフセットは英語で「相殺する」という意味です。

いったい何を相殺するのか。

残念ながら、オフセット印刷のオフセットは「相殺する」という意味ではありません。

版についたインキを、ブランケットと呼ばれる樹脂やゴム製の転写ローラーにいったん移し(Off)、そのブランケットを介して印刷用紙に転写(Set)するといった、版と用紙が直接触れない印刷方式から、「オフセット」という名がつきました。

オフセット印刷の仕組み

オフセット印刷の一番の特長は、なんと言っても仕上がりが高品質であること。

インキが転写されたブランケットのゴムの弾力によって紙としっかり密着するため、絵・写真・文字などを細部まで鮮やかに表現できます。

そのため、ディスプレイで見たイメージに近い印刷ができます。

デメリットとしては、

  • 版を作らなければいけないので印刷までに時間がかかり、少部数を刷るために使うと割高になってしまう。
  • インキなので滲んだりしてしまうことがある。

オンデマンド印刷とは?

さて、続いてはオンデマンド印刷について。

オンデマンドと聞くと、ビデオオンデマンドとかオンデマンド放送とか思い浮かべますが、「要求に応じて」という意味です。

なので、ビデオオンデマンドはユーザーの要求に応じてビデオ配信をすることです。

オンデマンド印刷もそれと同様で、ユーザーの要求に応じて印刷するといった意味合いです。

POD(Print On Demand)とも呼ばれます。

本来印刷をする際は、オフセット印刷のように版を作る必要があるのですが、オンデマンド印刷はデータをそのまま印刷します。

そのため、オフセット印刷よりも工程が少なくスピーディーで、1枚から手軽に印刷でき、まさに「ユーザーの要求に応じて」印刷ができるのです。

イメージとしては家庭用プリンタの超高性能版。

では家庭用プリンタと何が違うのか?

家庭用は基本インクを使用して印刷する、インクジェットプリンターと呼ばれるタイプですが、オンデマンド機はトナーと呼ばれる粉を使って印刷する、レーザープリンターと呼ばれるタイプです。
※一部ではオンデマンド印刷で業務用のインクジェットプリンターを使用している場合もあります。

家庭用のインクジェットプリンターは、インクカートリッジのセットされたヘッドと呼ばれる部分が左右に移動しながら用紙にインクを吹き付けて印刷します。

インクジェットプリンタの仕組み

レーザープリンターは、帯電ローラーで感光体ドラムに磁気を持たせ、印刷箇所にレーザーを当て電圧を弱めます。

するとそこにトナーが付着します。

定着ローラーに帯電ローラーで持たせた磁気と反対の磁気を発生させ、トナーを紙に吸着させます。

そして、ヒーターローラーでアイロンのように焼き付けます。

レーザープリンターの仕組み

最近では家庭用のレーザープリンターもありますが、もちろん印刷会社で使用しているものはそれらよりも高性能、高品質です。

ただし下記の様なデメリットがあります。

  • 面積の大きい模様などを印刷するとムラが出ることがある。
  • インキではなくトナー(粉末)なので、オフセット印刷よりか品質が劣る。
  • 印刷枚数が多くなるほどトナー代がかかり印刷費が高くなるので、大部数印刷には向かない。
  • 熱でトナーを紙に定着させるので、コーティングされている用紙はコーティングが溶けてしまう恐れがあり、印刷できない。

オフセット印刷より品質が劣ると言いましたが、最近のオンデマンド印刷機は性能が向上しているため、オフセット印刷に近い高品質な印刷ができる機種もあります。

良安を運営するアイカが導入した、富士ゼロックスさんの「Color 800 Press」というオンデマンド印刷機もその一つです。

Color 800 Press

 

オフセット印刷、オンデマンド印刷それぞれにメリットとデメリットがあり、うまく使い分けることで印刷コスト削減に繋がります。

わからない事などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

,

お問い合わせ・見積もり依頼はこちら