用紙のサイズについて | RYOAN BLOG|大部数印刷通販「良安」

RYOAN BLOG お客様とのご縁を大切にする大部数印刷通販「良安」

用紙のサイズについて

こんにちは、新人スタッフです。

サイズには、国家標準規格の1つであるJIS規格(日本工業規格)で定められたA判、B判の2種類があります。

A判

A判は、19世紀末ドイツの物理学者オズワルド氏によって提案されたドイツの規格である、841mm × 1189mmのサイズをA0と定めた国際規格と同じサイズです。
「A0」なんて聞き慣れない名前ですが、A判の一番大きなサイズで、一般的に知られている「A4」の約4倍(※A4を4倍にすると840mm × 1188mmなので1mmずつズレます)のサイズです。
日本では「A0」を「A倍」、「A1」を「A全」と呼んだりするそうです。
大きさはA0からA10まであります。

B判

B判は、江戸時代に徳川将軍家と御三家の御用紙だった美濃紙をもとに、1030mm × 1456mmのサイズをB0とした日本独自のサイズです。
日本独自なので基本国内でしか使われませんが、中国や台湾で使用されているという話もあります。
国際規格のB判サイズは日本の規格と微妙にサイズが違っています。
B判もA判同様、大きさはB0からB10まであります。

,

お問い合わせ・見積もり依頼はこちら