黒の種類

こんにちは、新人スタッフです。

今回は黒の種類について。

RGBでは黒と言ったら1種類しかありませんが、CMYKを使用する印刷では、黒を表現するのに「スミベタ」「リッチブラック」「4色ベタ」という3種類があるそうです。

スミベタ

スミベタ
Kのみを100%にすることで、黒インキのみで表現する黒です。

一般的に文字や細い線などによく使われますが、大きい文字や線に使用した場合、背景に色や柄が入っていると、オーバープリント処理というものが施され、前面にある色と背面にある色が混ざり、背景が透けてしまうという現象が起こってしまうそうです。

オーバープリント

これを回避する方法として、C・M・Yのいずれかに1%以上の設定をする必要があります。

リッチブラック

リッチブラック
K100%にCMYを足した深みのある黒で、一般的にはCMYそれぞれに40%を設定します。

見当ズレが発生した際にぼやけて見づらくなるため、小さい文字や線には使用しません。

見当ズレ

4色ベタ

4色ベタ
CMYK全ての設定を100%に設定した完全な真っ黒です。

インキ量が多くなる為乾きが遅くなり、滲んだり裏移りしたりと問題が多く基本使用されないそうです。

一般的にCMYKの合計が250%程度までが好ましいといわれています。

ここで「CMY全部100%でも黒になるけど、それはなんて呼ぶの?」と思った方はいませんか?

画面上では確かに黒になります。

しかし、「CMYKとRGB」でも書きましたが、インキのCMYをどんなに混ぜても完全な黒にならないんです。

そのため、K(ブラック)を足すことできれいな黒を作ります。

なのでCMYを100%に設定した際の黒には名前がありません。

入稿の際には黒の設定にご注意ください。